FC2ブログ
電脳工房蛟龍準備室
本サイトを再立ち上げするための準備室です。当面、映画・アニメ・小説・創作をメインに、ぼちぼちと綴っていけたら、と思っております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アイアン・フィスト
こちらは「きわものカンフー」映画で、これも上出来の部類。
ただし、「47RONIN」がA級を目指していたのに対し、こちらは端から目指せB級である。
いろんな感想を読むと、「アクションに切れがない」とか「スピード感が……」とかあるのだが、それは当然。
なぜなら、監督・原案・脚本・音楽・主演を兼務したRZAの目指すカンフー映画が、ドニー・イェンやジェット・リーに代表される現代型カンフーアクションではなく、ショウブラザーズを中心とした50〜70年代型カンフー(つまりはブルース・リー以前だけど、「燃えよ!ドラゴン」のオマージュはある)だからだ。
タイトルロールで、画面内が縦にビヨーンと伸びるのがその証拠。
※昔は横長ワイドの映画を小さな劇場やテレビで上映する場合、本編は映像の左右をトリミングするのだけど、タイトルロールでそれをやると文字が切れてしまうため、横だけサイズを縮小(だから、人物なんかもビヨーンと縦長になる)した。
血が大量に飛び散ったり残酷描写がかなりあるのも、主人公でも平気で四肢を切断されてしまうのも当たり前(有名どころは「片腕カンフー」シリーズ)。
だから、そのあたりを全く見ていないと、乗り切れないかも知れない。
もちろん、それだけにこだわったわけではなく、今風のカンフーアクション寄りのシーンもあるが(ワイヤーやCGエフェクトの多用)、50〜70年代型カンフーとの調和を保つために、スピード感は抑えてあるように思えた(この辺も、アクションコーディネーターがコリー・ユンなのだから、スピード感を出すなんてお手のもののはずなのだ)。
ストーリーラインはキン・フーの「残酷ドラゴン・血斗!竜門の宿」(「ドラゴン・イン」「ドラゴン・ゲート」と、ツイ・ハークが何度もリメイクしてる)あたりをベースにして、いろいろな武侠ものからパーツを引っ張ってきているような感じ。
最終決戦も、三者三様の工夫があった。ただ、ゼン・イーと銀獅子の対決は、もう少しタイマンがあってもよかったかな。

なお、本作はタランティーノの名前で宣伝されていたと思うのだが、タランティーノはあくまで「プレゼンツ」でしかクレジットされていない。
お金は出さないけど口は出した(アドバイスや宣伝という意味で)、というところか。

そういえば、本国版では、エンドクレジットで続編が匂わされているらしいのだけど……。
スポンサーサイト
あけまして、おめでとうございます。
すでに明けて随分たっていますし、明けたからといって、何がめでたいわけでもないのですが……。
とりあえず、今年は何とかしたい。これ↓

「幻の城」タイトル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。